花鳥園で遊ぼう

  1. 足立区生物園 オージードーム

    足立区生物園は、「ふれあい、いのち、共生」の3テーマを具現化する、五つのセクションで成り立っています。平成22年4月29日に放鳥園が新しく『オージードーム』にリニューアルオープンしました。パルマワラビーやオカメインコなどオーストラリアに生息する生きものたちを展示しています。

  2. 「那須どうぶつ王国」のオカメインコ

    「那須どうぶつ王国」は、東京ドーム約10倍の広大な敷地が2つのゾーンに分かれ、世界中から集まった500頭以上の動物が暮らしています。バードタウンには美しいインコやゆかいなフクロウのほかたくさんのトリたちが集まっています。

  3. 掛川花鳥園 静岡県 掛川

    2005年7月3日掛川花鳥園に行ってきました。掛川花鳥園は、総敷地面積10ヘクタールの敷地に、国内最大規模の7000㎡の大温室を備え、「花と生物とのふれあい」をテーマにした、ペット好きにはたまらないテーマパークです。全天候型の園なので、雨の日でも十分楽しめます。

  4. キャンベルタウン野鳥の森 北越谷

    キャンベルタウン野鳥の森は、約3,000平方メートルの巨大なバードケージの中に鳥たちを放し飼いにした施設がメインです。バードケージが黒なので、かっこいいです(おしゃれなサーカス小屋みたいな)ワラビーの仲間であるアカクビワラビーを展示しているエリアもあります。

ページ上部へ戻る