ブログ

オカメインコの水分過多便と発情

10月19日から、約一週間の間、
てれ丸の朝の便の周りに水が丸く浸みている
水分過多便が出ていました。

腎臓か肝臓の病気が原因になることがあります。

でも、てれ丸の水分過多便は、発情のせいでした。

浦和バード・クリニックの石森先生に診ていただきました。

「飲み水はどこにあって、どこで寝てるの?」
「水はどのぐらい出たの?」
とメモ用紙を出されたので
ケージの中の水やハシゴの位置を絵に書いて、
22日から25日の朝の糞の写真を見ていただいたら
「新聞紙の字がこの大きさだと・・・
糞は一個じゃないでしょ?同じ所に
何個か出て、水が広がってますね。」

「1か月前ぐらいから、段ボール箱に入って遊ぶのが
好きになったんです。」と話したら、
男の子は、狭くて暗い場所に、
「一緒においで、おいで」って誘う習性があるから
段ボール箱の中でゴソゴソ遊んだ後、夜から朝に
彼女にあげるお水を飲むから、
朝の便にお水になって出たようです。

夜は、お水をはずして寝かせる様に指示されました。

私が、寒いと思って、温めて、小さいキャリーに
入れたのも、暗くしたのも、
巣作りになっちゃうから、逆効果でした。

先生に「女の子だったら、卵産んでましたよ(((^_^;)
男の子で良かった。」と言われました。

私「段ボールに入るの禁止ですか?」
先生「良いんじゃない。
時間決めて、段ボールで遊ぶのは、OK です」

ただし、水をはずして、小さいキャリーにも入れないのに、
水分の輪じみがなくならなければ、
糞をクール宅急便で送ってください。
品名は「食品」と書いてね。とのことでした。

とにかく、病気じゃなかったから良かったです。

先生「胸筋肉も良し、体重92.5gも良し、
尿検査の必要ない。300円!」
私「え?そんなんで良いんですか?」
先生「だって、何もしてない!写真を見て、
話を聞いたけど。」

鳥にも飼い主にも優しい先生です。

関連記事

ページ上部へ戻る